MENU

身辺調査の費用相場と期間

身辺調査の費用
身辺調査にかかる費用と調べられる項目(どこまで)

 

身辺調査にかかる費用ですが、一日あたり、およそ12万円位掛かります。

 

調査能力が高いプロに依頼するため、多少の出費は必須。

 

また一日で調査が終わる事は稀有であり、数日から数週間にわたり身辺調査が続く事例も多いです。

 

費用の最終的な相場としては20万円から30万円程であり、

 

それだけ捻出すれば確実にパートナーの行動の理由が分かります。

 

探偵による身辺調査の料金は期間・内容に関係し変動。

 

探偵による身辺調査では、調査する期間によって料金が違ってくるのが普通です。

 

これは調査が長引けば長引くほど、人件費をはじめとした諸経費用が加算されていくためにそうなっています。

 

調査をする際は、人件費や諸経費の他、車両や機材にかかる費用に加え報告書の作成費用が請求されることになります。

 

この中ではじめから請求される金額がはっきりしているのは、調査後に作成される報告書の費用のみです。

 

それ以外は実働した日数や時間、使用回数に応じて必要経費として加算されていくと考えておいた方がいいでしょう。

 

もし調査のための費用を最低限にしたい場合は、依頼前にあらかじめ調査対象についての情報を提供しておき、
一から調査する手間を省いておくことも必要。

 

また、依頼の内容や対象人物の行動などによって、
どれくらいの成果がどれくらいの期間で出るかはやってみないとわからない部分が大きいので、
費用がどれくらいになるのかもわかりにくいこともあって、費用料金面で不安を持つ人は多いもの。

 

そこで、探偵社や興信所の無料相談を使ってみてください。

 

最初の相談は無料で行っている場合が多いので、まずは相談だけでも行ってみて、
その際に費用料金の相談をしてみてから判断しても遅くはありません。

 

対象者の尾行、張り込み、聞き込みなどの調査内容により費用料金は異なります。

 

また探偵事務所、興信所も費用料金体系が異なるのでその点も事前に留意しておきましょう。

 

支払い方法は大きく分けて3つあり、
パック料金制、成功報酬制、稼働時間制。

 

多くの探偵事務所や興信所ではクレジットカードの支払いが可能なので、
分割払いも可能。クレジットカード支払いなら最大45日の後払いも可能ですし、
ボーナス払いにすればもっと長い期間の料金の後払いも可能。

 

ここらへんの費用料金の支払い方法は探偵ごとに違うため、
申し込み前(契約前)の無料相談で金額と支払い方法を確認しておきましょう。

結婚前の身辺調査(結婚調査)

身辺調査の費用

 

結婚前の身辺調査では費用をかけてでも前歴を調べよう

 

結婚後に浮気症、借金、ギャンブル依存症などが発覚しても取り返しがつきません。

 

結婚前にしっかり調べておくポイントは!?

 

 

結婚は一生を左右することなので、パートナーになる人の身辺調査を行うという方もいます。

 

家柄や経歴をよく知っている相手ならば問題はないのですが、

 

結婚相談所で知り合った、お見合いパーティーで知り合った、という相手の中には、

 

前歴を偽っている人がいるかもしれないので、注意が必要です。

 

 

もちろん身辺調査を興信所などに依頼をすると費用がかかります。

 

 

費用は、調査員の人数やかかる日数などによって異なりますが、

 

事前に相談をして見積りを出してもらうことができるので、

 

どれくらいの料金がかかるのか不安だという方は、まずは見積もりを依頼するとよいでしょう。

 

お金はかかっても幸せな将来のために怪しいと思うことがあったときは身辺調査を利用しましょう。

 

 

結婚相手について身辺調査した結果によって婚約破棄はできるか

 

結婚相手の行動に不信感を感じれば、身辺調査を行うようにしたほうがいいでしょう。
身辺調査を行うことによって、許しがたい真実が出てくる場合があります。

 

例えば、相手の不貞などが発覚したときには、婚約破棄をすることになるでしょう。
婚約者に他にも相手がいたとなると、結婚後の生活も不安になってしまいます。

 

 

誠心誠意誤ってももらっても気が収まらないのであれば、そのまま結婚をすることはできません。
相手の不貞という正当な事由がありますので、婚約破棄を申し出ても問題ないでしょう。
その際には合わせて慰謝料も請求するべきです。
婚約を解消するということは、本人にとって大きな精神的苦痛を与えることになりますので、慰謝料を請求できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

就職や転職とではどこまで、どのような身辺調査を行うか

身辺調査の費用
身辺調査をしてほしいという依頼は

 

結婚相手や親族などを調査して欲しいというような個人からの依頼だけではありません。

 

企業などが、転職希望者や就職希望者の身辺調査を依頼する

 

というケースもよくあるケースと言えるでしょう。

 

そのようなことを依頼しているのは、よほど大きな一部の企業だけだろうと思う人や、

 

採用する際にわざわざそんな調査を行う企業あるのかと思う人もいるでしょう。

 

身辺調査を行わない限り、

 

転職希望者や就職希望者の情報を得る手段は基本的に履歴書に書いてある情報や面接で直接話をその聞くしかありません。

 

履歴書にウソの記載がされていたり、面接でウソを言われた場合、

 

全てを見抜くこと出来るケースはどれくらいあるでしょうか。

 

おそらくよほどおかしなウソではない限り見抜くことは出来ないのではないでしょうか。

 

職業によっては学歴詐称や経歴詐称をしていた人を採用したことによって大きな損害が起こる可能性もあるでしょう。

 

また過去に学生運動を行なっていたり、

 

今でも宗教活動行っていると分かっていたら採用するでしょうか。

 

さらに借金があったり、暴力団との関わりがある人を履歴書や面接だけで見抜くことが出来るでしょうか。

 

その転職希望者や就職希望者がそのように問題のある人であるかもしれないという可能性がゼロではないのであれば、

 

リスクを回避するために身辺調査を依頼して、問題ない人物なのかを調べてもらうというのは、当然の流れかもしれません。

 

就職や転職(就活)とではどのような身辺調査を行うか?

 

転職や新卒での就職でも銀行などの調査が気になるもの。事前に内容を知っておくと対策も取れます。

 

2016年に起こったショーンKさんの学歴詐称も大きな問題があり、

 

その後のキャスターは必ず学歴などの調査を行われるようになりました。

 

※大学への問い合わせや卒業証書の提示など

身辺調査は、どこまで?調べられる内容は

身辺調査で違法調査になると依頼者にも責任が発生する可能性もあるので、注意したいところ。

 

身辺調査で調べられる内容は、対象者によって変わってきます。

 

就職や転職で利用される調査では、
対象者の学歴や経歴についての詐称の有無や、
両親の職業、宗教活動経験の有無、借金の有無や、反社会的組織とのつながりの有無などになるでしょう。

 

近親者に対しての調査では、資産や貯金の金額についてや、借金の有無や、その金額などがあげられます。

 

また、恋愛関係にある相手、つまり交際相手に対しての調査では、
結婚前の身辺調査として、出生から現在に至るまでのありとあらゆることを調べることができるでしょう。

 

対象者の学歴や経歴、借金の有無や資産や貯金の金額はもちろん、
持病や病歴などの健康状態、会社員であれば、勤務会社の将来性などもあげられます。

 

また、対象者だけに限らず、対象者の家族についてや、親戚にまでも及んで調査を依頼することができるのです。

 

身辺調査はどこまで調べる?

 

項目は身辺、浮気、素行、行動調査など多岐に及びます。

 

パートナーの不審な行動をする理由、もし浮気相手がいるなら相手の性別や属性なども調べてもらえます。

 

また、いつどこでどういった風に不貞行為に及んでいたか、具体的な物証を添えて調査報告をあげてくれますので、
裁判に勝てる決定的な証拠と得られるのがメリット。

 

張り込み、尾行、聞き込みが主な身辺調査の方法。

 

ただし、何でもかんでも身辺調査出来るわけではありません。
探偵業の業務の適正化に関する法律が2006年に施行され、法律の範囲内となり、
それ以上の、やりすぎ身辺調査は違法。

 

犯歴や借金の有無、戸籍や住民票の取得はできません。

 

また身辺調査の対象相手は結婚相手(婚約者)、配偶者(夫・妻)などの個人からの依頼と、
会社からの採用・就職(就活)もあり、金融機関や大手企業からの依頼は費用が高めにある傾向も。

 

また警察官・自衛隊員との結婚する場合身辺調査を気にするかたが多いのも特徴。

 

探偵の身辺調査の費用が気になるあんら無料相談から

 

探偵に身辺調査してもらえるのであれば、調査してもらいたい人がいるという人もいるでしょう。

 

しかし、いざ身辺調査を探偵にに頼むとなるといろいろな不安が出てくると思います。

 

本当に成果があるのだろうかという不安や、
調べて欲しい人物に調査していることがバレたりしないだろうかという不安がある人もいることでしょう。

 

しかし、そのような不安も実際に探偵所や興信所などで相談してみることによって、
解消されると思うので、まずは気軽に相談してみることから始めてみることをおすすめします。

 

 

しかし、探偵所や興信所で一度相談はしてみたいと思うけど、
でも費用がが高そうで相談するのを躊躇してしまうという人も多いのも事実。

 

確かに実際に身辺調査することになれば、対象人物に張り込みをしたり、周囲への聞き込み、書類などでの情報収集など、
いろんなところや足を運んで、いろんな作業が必要となるので
、かなりの労力と時間をかけることとなるので、それなりに費用はかかってしまいます。